2011年 06月 26日 ( 1 )

あうんの呼吸

じつは、Jackが先週の土曜日から木曜日まで血便が続いておりました。
a0176294_2324294.jpg

でも、元気で食欲も旺盛でしたので様子を見ることにしました。
あっ、その間の私は内心は超ブルーでしたけど・・・・・。
でも、日に日に量が減ってきているのと、便に付着している血からして内臓や腸に
傷が付いているものではないのはわかっていました。
多分、肛門付近に傷がついているんだな~って。
Jackの事となると私もですが、主人もとても気が滅入るそうです。

でも、Jackを心配していたのは私達だけではありませんでした。
a0176294_2395791.jpg

KaityもJackが気になっていたようです。
Jackの事が気になって側によっては確認をする事が多かったように思います。
a0176294_23114938.jpg


ギャング共が産まれてからあまり寄り添って寝る事がなくなっていたのですが、

a0176294_23145527.jpg


先週はKaityの方から寝ているJackの側にいって寝ている事が多かったように思います。

一応、念の為病院へ電話して症状を伝えて診察の必要性があるか聞いてみたところ、
やはり、便に粘膜を覆うように血が付いている場合は内臓から来るものではなく、肛門付近に
傷が付いているからとの事。血便の量が少なくなり元気で食欲があるなら2,3日様子を見るように
とのことでした。

で、翌日の事です。KaityがJackから離れて1人で寝るようになったので、
もしかしてJack治ったのかな??って思ったら、この日の便の美しかったこと。
一緒に散歩に付いてきた息子が、
a0176294_2328516.jpg

「よかったね~Jack。ダイヤモンドみたいなウンチがでて」って言っておりました。


でも、KaityはちゃんとJackの事を毎日気にかけていたんだな~って
ちょっと私自身の事を反省してしまいました。

これからも仲良くしてね。

a0176294_23423493.jpg



ランキングに参加中です。よろしければポチっとお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2011-06-26 23:44 | Jack