遅くなっちゃったけど、ただいまぁ!

「みなさん、ただいま~。ニーですよ~。」

a0176294_6211850.jpg


「アタシ、無事に手術を終えて昨日、Jack Familyに戻ってきました。」

「アタシのいない間、みんながすご~くすご~く心配してくれたって人間のお母さんが

教えてくれたの。みなさん、本当にどうもありがとうございました。」

「金曜日は急に眠くなっちゃって、起きたら、お腹が痛かったんだけど、

優しい、先生と看護婦さんが「大丈夫だよ」って言ってとってもとっても

優しくしてくれたの。」

「お陰で、昨日、人間のお父さんとお母さんが迎えに行った時は、


a0176294_627962.jpg


ピンピンで全然痛くなかったの」

「お腹の傷はね、


a0176294_6283643.jpg


こ~んな感じです。溶ける糸を使ってくれたんですって。」

「エリザベスさんという方も全然必要ないって言われて人間のお父さんとお母さんは相当

ビックリしていたの。先生が、痛くない縫い方をしているんですって。」

「だからね、昨日はお家に帰ってみんなと、早速 仲良く


a0176294_632339.jpg


お昼寝しちゃったの。」

「ご飯もモリモリ食べれて、


a0176294_6342571.jpg


今日も元気にこれからお散歩に行ってきま~す。」

「みなさん、本当にご心配してくれてありがとうございました。」



~人間の母より~

みなさまへ

Ninaの事を心配してくださって本当にありがとうございました。

我が家に来て2カ月、ガリガリで風に吹かれれば飛んで行くんじゃない?って

思うほど弱そうなNinaでしたが、お陰さまで今は順調に体重も増え4.8キロとなりました。

地肌も見えていたのが今ではフサフサの毛が生えています。

正直、ここまで色々と悩みました。ドキドキしながら過ごしてきました。

でも、皆様からあたたかいコメントをいただきどんなに励まされたれ背中を押していただいたか

「ありがとうございました」の一言では済まされない気持ちでいっぱいです。

金曜日にNinaは無事に手術を終え昨日元気に戻ってまいりました。

今回は、今までかかっていた病院とは違うところでの手術をいたしました。

と、言うのも、今までかかっていた先生お二人が他の病院へ転移してしまい

(あっ、同じ系列なのですけどね)

その後はなかなかJack Familyとの相性が合う先生に巡り合う事ができず

私達の心配の種でした。

特に、Noelのアレルギーの件がありましたので人間側も納得がいく対応をしてくれる先生を

探しておりました。

そこへ、出会ったのが我が家の家の近くにできた新しい動物病院の先生でした。

こちらが納得がいく説明をしていただき、小さな疑問もすべてお答えしていただき、

嫌な顔一つせず、こちらの心の緊張と(特に私は)疑いの気持ちを

少しづつ取り除いていただきました。

こちらの先生の手術の仕方は全く今までの病院とは違く、身体にも心にも

負担がないようにと言う事で、縫い方もまったく違うのだそうです。

その為、術後の痛みもほとんどなく、縫った傷もまったく気にならない

エリザベスカラーも不要。

とっても不思議な光景だったのは、Kaity&Lucy&Noelの術後の翌日は

さすがに痛さがありいつものように元気に飛び回ったりする事はできませんでした。

(サークルから出てきませんでしたよ・・・・・・・)

でも、Ninaは病院に行ったときと同じ元気な姿で戻ってきて病院を歩きまわり、家についても

Jack Familyと走り回り、ガウリングしまくり、お散歩もOKでした。

元気な姿でNinaが戻ってきてくれた事に先生と看護婦さんに感謝でいっぱりです。

この場をお借りしてお礼をしたいと思います。「ありがとうございました。」


さてさて~今日はこれからJack Familyはみんなでどんな時間を過ごすのでしょうか。

また、元気な姿を皆さんにご報告しますね。









ランキングに参加中  
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑

にほんブログ村 犬ブログ 犬 親子飼いへ
にほんブログ村
[PR]

by 09020503 | 2012-06-03 07:11 | Nina