<   2010年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

父と息子

つにに今年も今日で終わり。
昨日から旦那も休みに入り今まで別々散歩を休み中は一緒にすることにした。
Jack&Kaity&Benと旦那&息子&私で第一便散歩スタート!!←娘は体調不良で欠席emoticon-0119-puke.gif

早々に用を済ませたJackはまずは
a0176294_712315.jpg

手始めにドリブルスタート・・・・・・・・相変わらず早い。
a0176294_75588.jpg

iphoneのカメラじゃ追いつかない。今度、携帯用の良いデジカメ買ってもらおう~emoticon-0109-kiss.gif←(ねっ、旦那様)
a0176294_7431391.jpg

途中から息子参戦・・・でも敗退

ところで、Jackは子育てもします。今流行りで言うとイクメンかな。
7月に産まれた仔犬、暑さと育児でバテ気味のKaityふらふらでした。
そんな彼女をみてかわいそうに思ったのか、Jackが子犬のお尻を舐めオ●ッコ&ウ●チさせはじめました。
ちなみに、Kaityとの子育て方針も違うらしく、仔犬が2、3か月の頃はよく夫婦喧嘩をしていました。
なにしろ、Kaityは子供達には厳しくすぐに怒ります←まるで私みたいemoticon-0107-sweating.gif
でも、Kaityが怒り始めるとJackが割って入り夫婦喧嘩がはじまり最終的にはKaityがJackに負けます。
そんなJack、昨日はメタボ気味のBenと遊んでくれました。
a0176294_7191437.jpg

沢山、一緒に走り回り、
a0176294_72413.jpg

Kaityのボール遊びに付き合い沢山遊びました。

ところで、父と息子の関係って人間もおんなじなのでしょうか?
旦那なと息子の関係もなにやら親密です。
息子はなんでも父親に話し、甘えます。そんな息子が可愛いのか二人は良い関係。
やっぱり、父と息子って特別なものなのでしょうか?
a0176294_7353984.jpg


仕事もこなし、子育てもする旦那様とJack。
今年一年本当にご苦労さまでした。そして、ありがとう。

a0176294_743529.jpg




ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします↑
[PR]

by 09020503 | 2010-12-31 07:38

3万円事件!!

今年も残りあとわずか。なんだか、まだ2010年がわずか、という感じがまったくしない。
7月の仔犬の誕生からあっという間に毎日が過ぎてしまって今年があと数日だなんて・・・・・

ところで、今年の私の中でのビッグニュースと言えば、

              3位・・・・・・・・息子が小学校入学
              2位・・・・・・・・Kaityの出産
              1位・・・・・・・・3万円事件!!

あれは、10月だったと思うけど、ちょうど、JackとKaity夜の散歩をしていたら、3万円が風に乗って私に
飛んできた!!

「あれ~なんか飛んでくるぞ~」
なんて思っていたら、私の足首にぴたりと張り付いた。
漫画みたいな展開で漫画と同じようにビックリ!!
そして周りをキョロキョロ・・・・「ドッキリ」かなって思ったけど、人の気配なし・・・・本物のお札だったし、
とりあえず持って家に帰ることに。←ちなみにこの私の行動、JackとKaityは一部始終見ていました。家に帰って、「警察に持っていこう」と決心。
主人:「え~落とし主は現れないよ」
でもでもね、確かに我が家にとっては3万円は大金だけど、絶対に落とし主は困っているはずだから、と超まじめに警察へ届けることに・・・・・・・

翌朝、泊まりに来ていた義母を駅に送るため3万円が入ったパンツを着替え寝室のテーブルの上に・・・・・
玄関から出ようとすると、Kaityがすごい血相で2階から降りてきて、私も一緒に連れて行って!!と玄関の前に。ゴネまくるKaity。
「Kaity、朝の散歩終わったよ~沢山遊んだじゃん!!おばあちゃん、駅に送ってくるだけだからすぐ帰ってくるよ」
それでも、引き下がらないKaityを無理やり玄関からどけて「待ってて!!」
そういえば、窓からずっと私を見ていたっけ・・・・・・・・
我が家は駅まで5分くらい。義母を送って帰ってくるまでの時間約10分程度。

家に帰ってくると、Jackがお出迎え。でも、2階を見ている。う~ん、Jack何か私に言っているぞ・・・・・
「おっそうだ。Kaityに悪いことしたな~Kaityふてくされてるのかな?」
2階に上がるとKaityが耳をペッタンコにしてお出迎え。←「耳ペッタンコということは何かしたな!!」
「いかんいかんKaityを疑っちゃ。もう、お母さんだもの」抱っこしてCHU×10を沢山して寝室に入ると、

ベットの上にお札が粉々になって散乱。原型まったくなし
「これって、3万円?!!」て言ってもいいくらい原型はとどめていなくて、福沢 諭吉様もさぞかし痛かったろうに~というぐらい目も口もメチャクチャに・・・・・・・・・・
「私、パンツ机の上に置いたはず・・・・・・・」Kaityはジャンプして私のパンツだけ引きずり落とし、お札だけ
抜きとっていた・・・・・・・旦那のズボンも隣にあったのに・・・・・
その時、頭に浮かんだのは「Kaityの仕返し」一緒に連れて行かなかったから・・・・・・・・・
そう、Kaityはよく仕返しをします。今回は私にだけど、娘にはよくします。
娘が散歩に連れて行かないで遊びに夢中になっていると、わざと2階の娘の部屋に行ってオ●ッコをします
emoticon-0130-devil.gifemoticon-0130-devil.gif当然ですけど、Kaityは私に死ぬほど怒られましたemoticon-0130-devil.gif。怖くて、下駄箱の下から出てこなかったもんね~emoticon-0107-sweating.gifemoticon-0107-sweating.gif

その後、銀行に集めた3万円を見せると「日本銀行へ」送るとのこと。でも、「多分、無理でしょうね~戻ってきても500円くらいですよ・・・・・・」

翌日、Kaityは超高価な3万円のウ●チをしました。
a0176294_7302153.jpg


取っておけばよかったかな・・・・・・・・・ クスン       

ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願しま~す。↑
[PR]

by 09020503 | 2010-12-29 06:16 | Weblog

暴走機関車

本当は今日は大掃除をするつもりだったんだけど、今朝の散歩で今日のエネルギーを使いはたして
しまったので何もしないことにした。←心身ともに疲れて出来ないという言葉が合っているかも・・・・・

頭脳犯のLucy、メタボのBen、そして、暴走Noel(通称:ノン)
この、Noel脱走しました。
a0176294_14401990.jpg

いつも家ではオットリしていて、来るお客様にはとても愛想を振りまいております。
彼女は大人しく、しかも、顔もジャックラッセルらしくなく、どちらかと言うと、ゴールデンだったり、ダックスに似ていて「この子珍しいね」という声もよく聞きます。
でも、外に出ると豹変emoticon-0104-surprised.gif
一体全体何が彼女をそうさせるのか、常に力いっぱいリードを可能な限り引っ張り、ひたすら真っすぐ歩きます。
「おまえは何に向かって歩いているんだい?」
という私達の問いかけは耳に届いているハズもなく・・・・・・・・首が閉まって苦しいハズなのに「ヒイヒイ」進みます。
彼女が脱走したのはこれで2回目・・・・・
一回目は初めての散歩で大暴走!!思ったより足が速くひたすら前進暴走・・・・・・・・・・・
呼び声ににも反応せず参りました。
そんな時は、Jackに頼るしかありません。
彼は私達のコマンドをすべて聞いて着実に、しかも正確に答えてくれます。
a0176294_15163810.jpg

「Jack、Noelを止めて!!」の私の叫びに簡単に追いつき彼女を確保して待っていてくれます。
でも、今日はそんな頼りになるJack同伴ではありませんでした。
寒さのため手が思うように動かなかった私の手からリードが一瞬のすきに離れ、
あっという間にNoelは大暴走!!私の呼びかけにも答えず、真っすぐあっという間に5m、8m、10m・・・・・・と離れて行ってしまいました。
BenにしてもLucyにしても名前を呼ぶと100パーセント私達のところへ来ます。
でも、彼女は一心不乱、まるで暴走機関車←古い
少しでも、呼び掛けに反応してくれればいいのですが、反応なしではなすすべもありません。
彼女を呼ぶ私の声は「誰か捕まえて~」に変っていきました。
なぜかって、土手沿いを走っていたのですが最終ゴールは車が行きかう所だったからです。
ゾ・・・・・今考えてもこわいemoticon-0101-sadsmile.gif

でも、神様はいたのですね~
偶然、彼女のリードが何かに引っ掛かり彼女が一時的に止まりました。
その時に、「もしかすると用に常に準備してあるお肉」を見せたら尻尾を振ってきました。

ああ~よかった。でも、この暴走機関車どうやってコントロールすればいいの?

ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ポチっとよろしくです↑
[PR]

by 09020503 | 2010-12-28 15:08 | Noel

似たもの同士・・・・・

じつは、Kaityは我が家に来た時から食糞emoticon-0119-puke.gif癖がありました。 そして、拾い食い・・・・・・・赤ちゃんが産まれて赤ちゃんのウ●チを食べる行動は納得・・・・・・・でも、ほかのワンコのはダメダメダメ~emoticon-0130-devil.gif
本当に彼女は注意しないとなんでも食べちゃう!!留守中も・・・・・

仔犬にこの癖が遺伝(あれ、遺伝するのかな?)しなければいいな~と思っていたら、やっぱりいた~
とにかく、食べることしか頭にない!!emoticon-0107-sweating.gif
その仔犬の名前はBenjyamin(通称Ben)
行動からして、きっと頭の中も母のKaityとおんなじかも・・・・・・・・・・
とにかく、他の子犬は拾い食いはしない、寄り道散歩もしない。Jackと同じく散歩を私達と楽しんでいる。
でも、このコンビは常に目を光らせいないと拾い食いをコッソリする。
そのたびに私達夫婦に叱られる事が本当に多いこと多いこと・・・・・・
ところで、食い意地が強いBenは同じ量の食事しか食べていないのに一番体型がおデブちゃん・・・・・

a0176294_19402515.jpg

なにしろ、ジャックラッセルなのに走り回ることにまったく興味がない!!
「いかんいかん、これではジャックラッセルじゃなくなってしまう。ただのメタボのおじさまと同じだ~」
と、いうことで半強制的に走らせる事に。朝は、Jackとの散歩。夕方はKaityとの散歩に同行させることにした。おかげで、気のせいかウエストが細く?!なった気がする・・・・・・←気のせいか・・・・・・emoticon-0106-crying.gif
スパルタ教育が続くせいかこの親子だんだん私の事が嫌になってきたのかな?
a0176294_194831100.jpg

Kaitiyに何やら助けを求めるBen・・・・・・でも、今日もまた二人連れられスパルタ散歩へGoGoGo
で、結局二人とも怒られ娘に助けを求めるKaityでした。
a0176294_19501536.jpg


ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願します↑
[PR]

by 09020503 | 2010-12-27 19:27 | Benjamin

サッカー少年

昨日は我が家の子供たちにもサンタさんが来ました。
大興奮の息子は「サンタさ~ん、ありがとう!!」と窓を開けて叫んでおりました。
あと、何年こんな可愛い光景が見れるのかな~。emoticon-0123-party.gif

でも、サンタさんのプレゼントはゲームソフトで今日は朝からゲーム三昧。
大掃除を始めた私はゲームはちょっとしたベビーシッター・・・・・・・・・でも、ゲーム始めると息子は
ちょっとしたク●ガキemoticon-0132-envy.gif
遂に隣近所に響き渡る雷が・・・・・・emoticon-0130-devil.gifemoticon-0130-devil.gif

夕方、ショボくれてる息子をJackの散歩に連れて行くことに。
彼を怒った後は大体Jackだけを連れて散歩に行って仲直りをする私。サッカーボールをお供に散歩へ・・・・・・・
じつは、Jackは超X3サッカーが上手。
ドリブル、フェイント、もちろん相手からボールを取るのは朝飯前。息子は1か月ほど前にサッカーチームに
入ったけど、初めてのわりにはそこそこできるのだそうです。(コーチ談)←私達は微妙・・・・・・・・・・
それは、Jackがいつも彼の相手をしてくれたからかな~
a0176294_19522964.jpg

ボールを持ったとたんに「俺からボールをとってみろ!!」Jackの超マッハのドリブルスタート
a0176294_200959.jpg

結局、息子はJackに勝つことはできず惨敗。でも、Jackとのサッカーで笑顔を取り戻した彼は
やっぱり、Jackの放っておけない弟なのかな~
a0176294_203083.jpg


ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願しま~す↑
[PR]

by 09020503 | 2010-12-26 20:05 | Jack

知恵比べ

「また、Lucyがサークルから出てるよ・・・・・・」が3ヵ月の時。
「今日は、LucyとBenjaminが出てるよ・・・・・・」が4ヵ月の時。
「ねえ、赤ちゃん全員出てるよ。白い影が沢山見えるもん」が5ヵ月。

そう、我が家のギャング共脱走大好き!!
「・・・・・・・・・・・・そんなはずないよ。今度は出れないように屋根を付けて鍵をしたはず・・・・」
とりわけ、Lucyは身軽なのとJackのDNAを一番受け継いだのか学習能力がずば抜けてある。
a0176294_650741.jpg

ある時は、ネジを口で引っこ抜き、サークルの柱を不安定にさせ屋根を壊し脱走!!
(ネジが2本落ちていたこともしばしば・・・・・・)
彼女と私の知恵比べ・・・・・・・・・
「今日こそは大丈夫」「やられた・・・・・」
後の仔達はそんな彼女から学習したのかな・・・・・・・・・それとも、彼女が屋根を崩壊するのを待っているのかな・・・・・・・・
最終的に全員でソファーで寝ていたことも・・・・・
脱走するけど、きちんとトイレで用を済ませていたし、私の大事にしている観葉植物の葉っぱを食べるemoticon-0130-devil.gifくらいで、「こらっ!」ていうほどのいたずらは今のところしていない。
でも、やっぱり留守中なにかあっても困るので結局、主人に屋根をすっかり金具で固定され
出れなくなったのでした。
これで、「大丈夫!!??」だよね・・・・・・・・
a0176294_713755.jpg


ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします。
[PR]

by 09020503 | 2010-12-25 07:03 | Lucy

そろそろ認めてあげる・・・・・・

前回は息子とJack Familyの関係をズラズラと長々と書いちゃったけど、今日は手短に娘との関係を
(でも)ズラズラと・・・・・・(主人からの文が長すぎるのクレーム)

娘は息子と違って要領よくなんでもこなす。まあ、「優等生」っていう言葉が当てはまる??のかな。何事もすぐできる。だから、継続ができない。
emoticon-0106-crying.gifそんな娘だから「誰からも好かれたい」と知らず知らずに思っていたのかも・・・・・・・・・
ところが、3年前、我が家に来たJackはそんな彼女の性格を見事に見抜いてしまいました。
「本心で俺を愛してくれていない」と・・・・・・・・・・・・
彼女の物だけ破壊され、服を破かれ、拒否され、挙句の果てには散歩を拒否される始末。
好かれたいと思って彼女が行動をすると嫌がれ・・・・・・・・・
Kaityもイタズラは彼女の部屋で・・・・・

でも、そんな彼女が認められました。
7月の子犬の誕生から彼女は本当に変りました。
「誕生と死」を目の当たりにしたからなのか、本当によく仔犬達の世話をし、純粋な気持ち「愛情」を
もって彼らに接しています。
Kaityの出産直後、ウ●チをしに外へ。予想外に彼女が大量のウ●チをしたので、回収できず、
きっと悩んだんだろうな~素手で持ち帰ってきました。
「ウ●チ、ちゃんと持ち帰って来たよ・・・・・・」
そんな彼女が認めはじめられ、仔犬たちは一番彼女が大好きで、学校から帰ってくるとおたけびをあげて
喜び、そして、Kaityも耳をペッタンコにして喜びemoticon-0115-inlove.gifKiss×10攻めemoticon-0109-kiss.gifemoticon-0109-kiss.gif
残るはJack・・・・・・・・・・
「ねえ、もうそろそろ、認めてあげてね。」
a0176294_15464443.jpg


ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします
[PR]

by 09020503 | 2010-12-22 15:21 | Weblog

君の事が放っておけなくて・・・・・・

私達夫婦には子供が二人います。(♀と♂)
とりわけ、下の男の子の存在はワンコ達にとって特別らしく、彼がドッグランに一歩足を踏み入れると、
それまで走り回っていた他のワンコ達がうじゃうじゃとシッポを振って寄ってきたものです。
いつだったか、ドッグランに置いてあったマルタに立ち上がった彼を沢山の犬が囲み
「ウォウォ~ン」とみんな一斉におたけびをあげたときはビックリしました。
いまだに、彼の何がワンコ達を魅了するのかわかないけど、我が家のJack Familyにとっても
特別な存在みたいです。

Jackは彼が具合が悪くなると看病をします。(←多分しているつもり)
a0176294_14321928.jpg

怒られて泣いていると、やさしく彼の涙を舐めて拭ってあげ、私の怒りがヒートアップすると、
「お願お母さん、もう彼を怒らないで」とすがってきて何度となく命拾いをしている息子。
上の女の子と違って何をするにも要領が悪くて失敗続き・・・・・・・泣く→怒る→泣くの繰り返し・・・・・
コツコツと何度も何度も石橋を叩いてから渡るから何事もスローな展開。
悔しくて凹みむ彼・・・・・・でも、決してあきらめない。時間は超かかるけど・・・・
そんな彼がみんな放っておけないかな~
a0176294_14521854.jpg

それとも自然体なところかな~?
純粋な気持ちで「僕は君が好き」という気持ちがJack Familyに伝わっているのかな~
a0176294_1457236.jpg


それが、息子の最大の魅力かも・・・・・だとしたら、そのままの彼でいてほしいな~

ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ポチっとお願いします↑

[PR]

by 09020503 | 2010-12-21 15:02 | Weblog

大丈夫?お父さん・・・・・・

2日ほどブログをお休み~今日もできないかな~って思っていたら早めに仕事がひと段落したのでさっそくPCの前に座ってみた。

おととい、主人が子供のサッカーチームの親睦会で「親子サッカー」に参加して見事にハットトリックemoticon-0137-clapping.gif達成!!
本人、超×2上機嫌で帰宅。
しばらくして、「あばら痛い・・・・・・」
どうやら、思いっきり転んだらしくあばら骨を強打したみたいemoticon-0141-whew.gif
確か、去年も娘の学校対抗のソフトボールで足を怪我したような・・・・・・・・
「もう若くないんだから・・・・」と本人も気が付いているはずなのに今も心がまだまだ小学生の主人・・・・・

我が家のJackとKaityは家族が具合が悪いと一生懸命看病します。
子供たちが怪我をすれば傷をペロペロ
熱を出せば布団に入って温めたり、ひたいを一生懸命なめたり。
一番関心するのは、Jackが子供たちが熱を出す前からわかるようで、熱が出る前から息子のパジャマを引っ張ったりします。
すると、夜には38℃の熱が出たりして・・・・・・・・。私達もJackとKaityが必要以上に子供たちに絡むときは
要X3 注意!!

今回は主人。大好きな「お父さんが体調がよろしくない」これは一大事!!
みんなで主人をを寄り添って温め、彼を舐めて癒して、付き添って・・・・・・
いいな~羨ましいな・・・・・
a0176294_23135845.jpg

でも、こんな光景を見れるのはとても幸せ。
早く元気になってね。おとうさん。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

↑ポチっとお願いします。
[PR]

by 09020503 | 2010-12-20 22:47 | Weblog

親愛なる Kaity

超美人(と私達が勝手に思っている)Kaityは今日も元気にそして気高く胸を張っています。
我が家のJackとKaityは「耳」が立っています。当然、お二人ともショードッグには向いていないし、
足も細くてジャックラッセルの基準というのがあるのであれば基準外に?!なるのかな・・・・・・
専門家からみたら「論外」って言われちゃうかも・・・・・・・
でも、いいんです。私にとってJackとKaityは血統証がなくてもいとしい家族なのだから。emoticon-0152-heart.gif

主人が「今年のMVPはKaityだね」と言いました。
なるほど、今年のMVPは彼女に決定!!と私も賛同!!
妊娠&出産&子供の死&育児&避妊手術と小さな体は今年一年頑張りました。

子供の死とありましたが、Kaityは今回の出産で本当は4頭(♂2+♀2)産んでいます。一番最初に産まれたのは男の子で、模様もすっかりJackに似ていてみんなで喜んだものです。
胎盤に包まれて産まれた子はとても元気に動いていました。でも、だんだん動かなくなって私がKaityから
取り上げ一生懸命「頑張って、頑張って」とやわらかいガーゼで何度も背中をこすると子ネコみたいな声で
鳴き出しました。
「よかった。大丈夫」「大丈夫、助けるからね」って約束していたから元気な声を聞いた時、本当に安心しました。
一番元気な声で鳴いて動き回っていたから元気な証拠だって勝手に思い込んでしまった私達・・・・・・・
翌日も元気いっぱいKaityのおっぱいを探して目が見えないのに本能で探しまわっていました。
私達も幸せのおすそ分けをもらった気分でJackの散歩にでてしまったのです。
すると、留守番をしていた娘からの電話が「あのね、赤ちゃん、1人動かないの・・・・」の一報でした。
急いで、家に帰り主人が確認に行くと「・・・・・・・・ダメだった。本当に動かない。よりによって、Jackに一番
似ている子だ」

触ると、まだ温かくて、とうてい死んでいるように思えませんでした。主人から赤ちゃんを取り上げ、鼻に口をつけ息を吹き込んでも、心臓をやさしくマッサージしても、背中をマッサージしても彼の声を聞くことはありませんでした。蘇生している私をKaityはずっと見ていたのだと思います。でも、ダメでした。
Kaityに「ごめんね」と何度も言うことしかできませんでした。
(その後、体重を計ってみると彼だけ増えていませんでした・・・・・・)
出産に立ち会った私達の子供も涙が枯れるほど泣き崩れ、仔犬を抱き「戻ってきてよ」と泣いていました。
でも、私達夫婦は次を進んで行かなければなりませんでした。
まずKaityに今何をしてあげなければいけないのか。冷たいようですが悲しくても、残された子供のためにKaityのために、Jackのために。
泣きつかれた子供たちを納得させ、お庭の「ヤマモモ」の木の下に埋めてあげることにしました。
そして、「Jr.]という名前をつけました。
この日は「生」と「死」が常に隣り合わせなのだと子供たちも私達も教えてもらった日でした。
息子は今でも、「うちは10人家族なんだよね~本当は」と言います。じつは、少し躊躇したのですが、前のページに産まれたての赤ちゃんの写真を乗せていますが、あれが「Jr.」です。なんとなく、家族の彼も一員なんですと証を残しておきたくて・・・・・・・
たった数時間私達の家族になった彼の事が忘れられず5か月が経ちました。

Kiatyは母乳で仔犬たちを育てました。母乳を与えるということは常に高栄養のごはんを食べなくてはならず、
彼女は一生懸命子供たちのお世話をしていました。不思議です。人間もそうですが、出産したとたんに
「お母さんに」なるのです。食べても食べても栄養を仔犬に取られ、ボロボロになっていくKaity。
やせていくKaity。きれいだった毛もボロボロになり、それでも彼女はお尻をなめオシッコをさせ、ウンチをさせ、それはもう立派なお母さんです。「ハチャメチャ」なKaityではなく力つよいお母さんです。

そして、今年の10月。これからの彼女の身体の事や今後の事を考えて避妊手術をすることにしました。
病院に一泊して迎えに行った時、獣医さんから「オシッコせず。ずっとシャンと胸を張って座っていたと聞きました。
Kaityらしいな~
帰宅すると、まず仔犬たちが全員いるか確認し疲れたようで一日寝ていました。

そんなKaityに我が家のMVP賞をあげたいと思います。
よく頑張ったねKaity
a0176294_161520.jpg
emoticon-0171-star.gif

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
[PR]

by 09020503 | 2010-12-17 16:02 | Kaity