「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Benjamin( 47 )

久々に気分がィィ散歩

おひさしぶりでございます。

娘の卒業と入学準備と仕事に追われてい私です。

しかし、提出する書類の多いこと~。

こりゃ、仕事より大変だ~と思ってしまいました。

さて、昨日は久しぶりにベンと2人だけでお散歩に行って来ました。

あれ以来、こちらも神経を使いながらの散歩でして、なんとなく疲れていたのは事実です。

でも、思い切って2人で散歩してみました。

ベン、

a0176294_23145278.jpg


最高に

a0176294_23143815.jpg


いいお顔でした。

生き生きしていて、

a0176294_23153280.jpg


彼自身が大喜びで

a0176294_23162199.jpg


なんだか笑っているようでした。

このお顔をみたら、また、連れてきたいよ~

と思ってしまうことは自然の事だよな~って思います。

さて、昨日は2便を担当した私です。

当然、お次の私のパートナーは

a0176294_23185839.jpg


ジャックとケイティ。

じつは、ケイティ、2週間ほど前から右前脚を負傷していまして、

爪が半分から割れてしまい、そこから化膿してしまいました。

でも、なんとか、家にある化膿どめの薬で乗り越え、今は、腫れもほぼ

ひきました。

2週間ほど私との歩き散歩でして・・・・・・

昨日は、彼女の足の様子をみたくて久々に行って来ました。

a0176294_23245316.jpg


うんうん、彼女の脚も順調順調~。

そして、このお方、

a0176294_23262078.jpg


ハッチャケすぎてお顔に泥がとんでるんですけど~

本人、全く気がついてないところがまた可愛いい。

昨日は、私も充実した散歩をさせていただきました。

さて、ベン、そろそろお散歩本格的に再開しようかね~

a0176294_23291140.jpg


準備はいいかい?


ランキングに参加中~
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2014-03-09 23:29 | Benjamin

その後のベン。 動物虐待者の心理

お久しぶりです。

10日ぶりのブログ更新になります。

あっ、今回は体調を崩したりなんてしていませんよ~。

大丈夫、みんな元気にやってま~す。

ただ、私が、仕事の残業がちょっと立て続けにあってPCに座れる時間がなかったんです(涙)

ジャックへお祝いメッセージを沢山の方々からいただき本当にありがとうございます。

私も、こんなに祝ってもらいたい~幸せ者め~ジャック(笑)

ところで、その後のベンの体調の事をご報告したいと思います。

土手散歩で何かをまかれた草を食べたと思われるベンはもって夕方までと

後日獣医さんから聞きました。

適切な診察と注射を投与していただいたおかげで彼の体のむくみは3.4日でひきました。

顔だけのむくみではなく、体全体でしたので、もとに戻った時、彼がすごく痩せたように感じました。

その後、飲み薬を処方され服用していたベンです。

服用中、なにげに心配でお昼は自宅に帰るようにしたのですが、これがまた、大変でした。

家に帰ると、ベンが耳をペッタンコにして私の顔をみあげました。

「どうした~。どこか痛いのかい?」と声をかけながらリビングに入ると、

ソファーに目がいきました。

ソファーの背もたれ全体にオシッコした後がありました。

なんとなくイヤな予感がして、家全体を見て回ると、いたるところで、ベンがオシッコをしながら

歩きまわっていたのがわかりました。

急いで、ベンを外へ連れ出し、オシッコをさせると、一体全体この小さな体から「こんなに?」という

オシッコの量でした。

そんな事が2日ほど続いたので再度病院へ・・・・・。

すると、「服用している薬は利尿効果があり、体内の毒素と、むくみをとる為との事・・・・」

なので、2週間は薬を服用してほしいとの事でした。

その為、私はお昼にベンをトイレに連れて用を済ませ、会社に戻るという事を

しておりました。

でも、今はお陰さまで薬の服用も終わり、元のベンに戻ったような気がします。

あとは、息子とのお散歩復帰ができればいいかな~って思っています。

とろこで、ベンの事で獣医さんと色々話した事があります。

「動物虐待者の心理」を大学で学ぶそうなのですが、

動物虐待者の80パーセントは動物を好きな人なのだそうです。

好きな人というか、自称:動物愛護者というのでしょうか・・・・・・

何年か前に、ネコの変死体が沢山見つかった事件があったそうですが、

犯人は、普通の男性で、「猫カフェ」に毎日行くほどの自称:猫好きだったそうです。

日本の場合、どんなに重い罪でも罰金ですまされてしまう。どんなに、ひどいことをしても、

それ以上の罪を償うことはないそうです。

ですが、アメリカの場合は、動物虐待者は見つけしだい、重い罪を問われます。

刑務所に入れられることも当たり前にあるとのこと。(←Chotiberryさん間違ってたらごめんね)

アメリカの場合、動物虐待者の大半はいずれは人間を最終的をあやめる(殺す)事が高い確率で

ある事がわかっているからだそうです。

日本の場合、動物は雑貨扱いですし、まだまだ、そういう意味では出遅れている国だな~と

獣医さんとの話しで思いました。

たまたま、私が帰ってきてベンを病院へ連れて行けた・・・・・

落ち着いて考えてみると、理解しようとしても理解できないことだらけ・・・・・

だけど、現実に自分の家族である子に身におこってしまった。

ここにうまれるのは、苦しさと悲しみだけ。

そして、「命」を守る事がどんなに大変なのこなのか・・・・・と言う事を考えてしまいました。

なんだか、色々考えてしまう事が沢山あって支離滅裂な文章になってしまったけど、

a0176294_19402028.jpg


これだけは言える。

ベン、ホントに助かって良かった。

二度とこんな目にあってほしくない。

そして、ベンの様な子がいてほしくないと思う気持ちだけ。

ただ、それだけです。


にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2014-02-27 19:45 | Benjamin

Hello from Ben

こんばんは。

a0176294_22264884.jpg


ボク、ベンだよ。

お顔、スマートになったよね。

一昨日は、お母さんがお昼にお家に帰ってきたら、

いきなり僕の顔をみて「どうしたのベン。」って顔を抱きしめて、

お耳を触っlたり、お口をあけてボクの歯を見たり、

どこかへ電話したり、そして、いきなり僕を抱っこして

出来れば僕があまり行きたくない場所に連れて行ったよ。

先生が、「結構、腫れてるなぁ・・・・」て

なんか、お母さんがお話してて、ぼくはドキドキして

クンクン泣いちゃったら、お母さんが、

「大丈夫、ベン。1人にしないよ。必ず連れて帰るよ」て

一生懸命ボクのお顔をあのお手てで何度もなんども包んでくれたよ。

帰りもお母さんが抱っこしてくれた。

お家に帰ってきたら、

いつもイジワルするルーちゃんが、

a0176294_22331648.jpg


あんた顔どうしたの?

一応、アタチの弟なんだから

a0176294_22345318.jpg


早く元気になりなさいよって

意味不明な事をいって一緒に寝てくれたよ。

でもね、一番優しかったのは

a0176294_22352950.jpg


ボクのオカアサン。

あっ、人間のお母さんじゃなくて、ぼくの本当のお母さん。

ボクね、昨日は何故かず~と、お母さんにベッタリして、クンクン泣いちゃったんだ。

そしたら、お母さんがなにも言わず一緒にず~といてくれたよ。

一番うれしかった。

今日はね、お顔の腫れも引いたよ。

病院の先生にも行ったら、お腹がまだグルグルしているからお薬を飲まなくちゃいけない

って言われたよ。

あとは、大丈夫って言われたよ。

だから、元気になったら

a0176294_22395459.jpg


また、沢山走りまわるんだ~。

誰と?そりゃあ、TOMとだよ。

ボクの大事なTOMと必ずまた走り回るんだ~。

だから、みんな待っててね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


みなさまへ

ベンへ応援メッセージを沢山いただき本当にありがとうございます。

お陰さまで、回復に向かっています。

昨日の朝までは腫れが残っていましたが、今ではすっかりひいています。

(ちょっとやつれたかも・・・・)

ただ、腸の調子がまだ本調子でなくもうしばらくかかりそうです。

今回、ベンが急に赤ちゃんかえりのような行動に出た事が驚きました。

急に、必要以上にケイティに執着し続け、おっぱいを吸う行為をし、

ケイティの口をあけさせ、ペロペロと舐めている

姿をみて「彼の不安」な気持ちを感じてしまいました。

心を含めて回復をしてくれるといいな~と願ってしまいました。

また、息子へのご配慮ありがとうございました。

息子は正直にえば、昨日から散歩へは行っておりません。

どうやって、ベンと散歩をすれば良いのかわからないのだと言います。

本人には、今回は誰がベンと散歩をしても起きた事故、また、ベンじゃなかったかも

という話しをしましたが、少し時間はかかりそうです。

でも、息子とベンは大の仲良し。

必ず、息子とベンはまた仲良くお散歩すると信じていますし、お散歩させます。

そしたら、また二人の笑顔を紹介させてください。


みなさま、色々とご心配、そしてご意見をいただきありがとうございました。


私が願える事は、ベンのように苦しむ子がこれ以上増えませんように。

たた、それだけです。






ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2014-02-05 22:55 | Benjamin

「毒物」で救急へ

今朝、いつもの様に私がノエルとルーシー、

娘がニーナ、

息子がベンを連れて近くの土手に散歩へ行きました。

今日は、いつものコースではなくて、土曜日と日曜日に行くコースを

散歩しました。

土手のグランドには先客のワンちゃんが居まして、お友達だったんですが、

平日の朝に立ち話をして子供たちを学校に送らせてはいけないと、

お友達に手だけ振って、グランドに降りる手前の斜面を歩きました。

息子はベンとその斜面の中間を走ったり、ベンは走りながらもたまに

草をムシャムシャ・・・・・

そんな、いつも見る散歩の光景でした。

家路に着く途中、珍しくベンが2回目の便意を模様しました。

ゼリー状のウンチでした。

ベン自身もつらそうでして、便意を模様してもなかなかでてこなくて、しばらく

固まっていました。

でも、少し過ぎると元気に歩きだしたので家に向かいました。すると、

家に着くと、我が家の駐輪所の砂利を敷いてあるところで吐き出してしまいました。

吐きだしたものは、散歩で食べた草と、ちょっとした紙のゴミ・・・・・。

吐いた後も元気に家に入り、少し気になったので、私がご飯を少し軟らかくしたものを

ベンにあげました。

おお喜びで完食したので、「なんとか大丈夫だろう」と思い、いつもと同じように、洗濯と掃除をして

会社へ行きました。もし、病院へ連れて行くなら夕方かな?なんて思いながら・・・・・

お昼休みになって、いつもだとコンビニに子供たちのちょっとしたオヤツを買いに立ち寄るのですが、

今日は立ち寄らずまっすぐ家に着きました。

ドアをあけて、ベンの姿を見て私はひどく、驚き、動揺してしまいました。

私の前にいたのは、いつものカワイイ私のベンのお顔でありませんでした。

顔中がむくれ、目が小さくなったベンの姿でした。

急いで、会社に(もう一度子供には具合が悪くなってもらって)子供を迎えに学校に行かなければならい

と連絡し、急いでかかりつけの獣医さんに電話して診てもらいました。

a0176294_23224365.jpg


今朝あったことを伝えると、

多分、散歩でなにか「毒物」を食べたのだろうということでした。

そして、先生が「じつは、去年の12月くらいから同じよう症状、それよりもひどい症状で

若いワンちゃんが運ばれてくるとのこと。気になっていたところ、ベンを私が連れてきたので、

誰かが意図的に何かをまいているのではないかと思う。」と言われました。

じつは、お友達のジャックちゃんも去年の12月頃に同じ土手の同じ場所あたりで、草を食べて

突然、嘔吐しグッタリとなり、同じ病院で診てもらっていたことを思い出しました。

この子の症状の方がベンよりもひどく、生死をさまよいました。

なんとか、血液中の数値も正常にもどり退院したのですが、この子以外にも、

この土手のコースを散歩する若いワンちゃん達が多くこの頃連れて来られているとのことでした。

もし、それが本当なら、

a0176294_23302029.jpg


なぜ、弱い彼らに、無抵抗な彼らに悪意を抱くの?

放置ウンチがあるからかい?

悪意がないなら何故そんなことをする?

過去に嫌な思いをした事があるからかい?

何回でも聞きたい。なぜ、なぜそんな事をするの?

a0176294_23314573.jpg


もし、私が今日、昼に家に帰らなければベンは生きていたのでしょうか。

もし、人為的な仕業でそうなったのだとすれば、

なぜ、するの?

なんの理由でそんな事をするのかはまったくわからないけれど、

ここに生まれてくるのは悲しみと、怒りだけしかない。

自分よりも弱いものに、無抵抗な彼らに、どうしてそんな事をするのか。

去年は野良猫の赤ちゃんが生きたまま両手足をガムテープで巻かれて

グランドに放置されていたことがありました。

たまたま、助けられましたが、

やはり、私にはこの行為をした人間に理解を示す事ができません。

注射を2本打たれ、今日、嘔吐がなければ明日また病院へ

経過を診せに行かなければいけません。そして、先生が、きっと内臓も、腸も傷ついている

であろうので薬をしばらく服用する旨を伝えられました。

ベン、

a0176294_23432486.jpg


まだ、お顔全体にむくみがあります。

家に帰ってきた息子がベンをみて、驚き、そしてベンに

「オレのせいだよね。ごめんね、ごめんね。ごめんよベン」

ちがう、息子のせいではない。

どうして、こうなったのだろう。

ベンなにもしてないよ。

息子と楽しく散歩してただけだけど・・・・・・

病院から帰ってくると、

a0176294_23463527.jpg


ジャックがベンの臭いを嗅ぎ、

a0176294_2347180.jpg


ペロペロ・・・・・・・

ジャック。

今日は、ベンが病院の帰りは抱っこをせがみ、抱っこしながら家に着き、

a0176294_23502476.jpg


そこからは、ストーカーのように私の後を付き、抱っこをせがむ1日でした。

でも、今は自分の責任だと攻め続ける息子の布団に入って寝ています。

a0176294_23494720.jpg


ベン、早くもとのベンにな~あれ。

ベン、ベン、ベン。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2014-02-03 23:49 | Benjamin

子守

TOM:「べン、今日はオレ学校休みだよ。

嬉しいでしょ。今日もず~っと一緒だよ。」



a0176294_22471818.jpg


ベン:「あ~あぁぁ、バカだね。ず~とゲームばっかりやって。」

a0176294_22502299.jpg


ベン:「結局、お母さんが帰ってきて怒られてキミを慰めるのはボクなんだよね」

土曜日の学芸発表会の振り替え休日・・・・・ゲームばかりやって結局母に怒られた息子です。



ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2013-11-18 22:52 | Benjamin

そ~っと、行ってきま~す。

朝、会社に行く前に何気に振り返って

a0176294_23292562.jpg



思わず引き返す私です。

ベン・・・・・・・・

a0176294_2322862.jpg


お前ってば、

a0176294_2323752.jpg


ホントに、

a0176294_23234369.jpg


憎めないやつだ~。

かわいい~。というか、根っからの「いい奴~」の様な気がする。

朝からベンの「ヘソテン」なんだかすご~くいい気分の私は、

a0176294_2327303.jpg


そ~っと、行ってきま~す。と音を立てずに家を後にしました。


ランキングに参加中

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2013-10-21 23:26 | Benjamin

人間に似てきた

lこんばんは。

まだまだ、残暑が続きそうですね。

昨日は人間のお父さんが仕事が久しぶりにお休みで

朝のお散歩の後はソファーで爆睡。

その横で、

a0176294_2324736.jpg


ベンが同じような格好をして爆睡。

この頃、人間とほとんど変わりない姿で寝る事が増えてきたな~。

なんとも言えないこの可愛さ。

みなさんのワンコもこんなかな?




ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2013-09-02 23:04 | Benjamin

ベンです。

「こんにちは、ボク、ベンだよ。」

a0176294_13454113.jpg


「人間のお母さんからボクの事を心配して沢山の見舞いメッセージを

みなさんからもらったんだよ~って教えてもらったよ。

お陰さまで、ボクやっと元気になったよ~。本当にみんさん、応援メッセージどうもありがとう。」

「あのね、ボクね他にも『ありがとう』て言わなくちゃいけない人がいるんだ~

その1人はね、ノエルちゃん。

a0176294_13503097.jpg


ボクが具合が悪い間、ノエルちゃんがず~と側にいてくれたんだよ。

優しいよね。ノエルちゃんが側にいてくれただけでホントに嬉しかった。」

「あっ、でもね、

a0176294_1352521.jpg


この人は別みたい。

a0176294_13523546.jpg


『アンタ、どうせまた拾い食いでもしたんでしょうが~!!』て言われちゃった。

でも、きっと本当はボクの事心配してたんだと思うんだよね~たぶん・・・・・・・うん、たぶん。

あと、もう一人。

それはね、TOM。

ボクが一番はじめに吐いた時は夜中の3時過ぎだったんだけど、TOMが気がついて人間のお母さんを

急いで呼びに来てくれたんだよ。

次の日、病院から帰って来てからも、

a0176294_1433231.jpg


本を読みながらボクの側にいてくれたよ。

そしてね、TOMはいつものように

a0176294_1443345.jpg


ボクを抱っこして寝てくれたよ。

嬉しかったな~。

ボクねだからね、今ね、

a0176294_1485610.jpg


ほんのお礼の気持ちの

a0176294_149365.jpg


ペロペロ

a0176294_14144144.jpg


のCHUを沢山しているんだ~。

TOMに僕のありがとうって通じてるかな~。

ほんとうは、みんなにも僕のありがとうのペロペロCHUをしたいんだ~。


どう、ぼくのCHUいらない?





みなさま、ベンの事をご心配していただきありがとうございます。

お陰さまでやっと、普段のベンに戻りつつあります。

まだまだ暑い日が続いています。

どうか、みなさまも、そしてワンちゃんも体調を崩されませんように。








ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2013-08-15 14:23 | Benjamin

ベン 救急へ

リアルタイムです。

a0176294_18101578.jpg


只今、病院から帰宅途中です。

昨日の明け方3時ごろ息子が「ベンが吐いちゃった」と言いに来ました。

息子の部屋に行ってみると、3か所に吐いた後がありました。

側には申し訳なさそうな顔をしたベン。

胃液でした。

ワンコはよく吐く事がありますが、胃液くらいだとあまり心配しない私です。

朝になり、いつものようにご飯をあげて2時間後ぐらいにまたベンが吐きだしました。

今度はご飯を全部・・・・・・。

う~ん、「夏バテ」かなと直感的に思い、夕方までご飯をあげず、3時間ほど水分をあげず

様子を見ました。

ちょっと、元気がないかな~くらいだったのですが、じつは、少し気になる事がありまして、


一昨日のあの猛暑の日、ベンの担当の散歩は娘でした。

じつは、彼女、散歩が得意な子・不得意な子がおりまして・・・・・・・・・。

私が一昨日の夕方、ベンの顔を何気に見たときは「ヤバイ」状態に近い状態でした。

急いで家に連れて帰り、ベンを冷やし、お水を飲ませてあげた時は、大丈夫だったのですが、

どうも、連日のこの「殺人的暑さ」がさらに彼の身体にダメージを与え悲鳴をあげたようです。

元気いっぱいのベンですので私もうかつでした。

夕食をいつものように終え、私達も寝ようと寝室へ12時ごろ行くと、ベンがちょこんと

ベットの側で座っていました。

生あくびを何度もしたり、部屋中ウロウロ、私の顔をみては、生あくびを繰り返し、

しばらくすると、夕食に撮ったはずのご飯が消化されず全て出てきました。

ベンのお腹を触ってみたら、まったく動いていない状態・・・・・・

マズイな・・・・・・・もしかすると、お腹が痛いのかも・・・・・

案の定、吐き終わると廊下をウロウロ、私の側に来ては身体をくつけて丸くなり、

「身体を丸くする」姿を見て、お腹がかなり痛い事がわかりました。

ワンちゃん、お腹が痛い時は身体を丸めているこ事が多いのですが、ベンの場合、腹痛と睡魔が

同時進行のようで眠りに付こうとするとお腹が痛い・・・・・という悪循環のようでした。

ここで、朝まで様子を見るかの選択をしなければならなかったのですが、やはり、今回のベンの様子を見ると

水分も取れてない可能性と、この暑さも気になりかかりつけの病院の先生に深夜2時にも関わらず

ベンを診ていただきました。

やはり、「夏バテ」であろうとのことでしたが、かなりお腹の調子を悪くしているとの事でしたので、

吐き気止め、痛み止めの注射をしていただきました。

それと、ひとつ一番痛いところをつかれた注意を受けました。

「お散歩はなるべくご飯をあげる前に・・・・・・」

わかっている知識でしたので最低でも2時間は食後に時間をあけての散歩でした。

でも、先生曰く、基本的に人間も動物もご飯を食べたら運動は避ける。

朝は忙しい我が家、早起きをしてご飯をあげて2時間をあけていたのですが、

それでも厳しいとの事でした。

これ、我が家の今後の課題となりそうです。

多頭飼いの難しい問題ですね。


それにしても、2、3日前は

a0176294_1844010.jpg


あんなに元気だったベンが元気がないと本当にこちらも凹みます。

今日も、様子を診せに先生の所へ行って来ました。

ユックリ休めたことと、薬の効果が効いてくれたようで落ち着いてきているようです。

でも、5日位はご飯は軟らかくしてあげる事と、薬をいただきました。

そして、やっぱり本調子ではないベン。

家ではまだグッタリとしています。

早く元気にな~あれ。


a0176294_18471562.jpg


そしてごめんよ。辛い思いをさせちゃって。






にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2013-08-12 18:47 | Benjamin

背後霊のように・・・・

昨日は夕方のお散歩後、階段に私が座りジャックとルーシーがテニスボール

a0176294_53965.jpg


で遊びはじめました。

すると、一瞬ルーシーの顔が固まるのを逃さない私・・・・

そして、私も背後に気配を・・・・・

a0176294_5403677.jpg


ベン・・・・・・・

a0176294_541662.jpg


背後霊みたいで怖いよ。


相変わらず、

a0176294_5415346.jpg


私にベッタリのベンです。


早く、心が安心してくれますように~。






ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2013-06-04 05:42 | Benjamin