カテゴリ:出産・育児( 6 )

2年目のJack Family

時がたつのってほんとに早いですよね~。

もし、買う事ができるのなら「時間」がもっとほしい。

と、この頃思ってしまいます。

a0176294_13312045.jpg


今日はギャング共が産まれて早くも2年目。

2歳のお誕生日です。

そう、Jackと生活するようになって4年目。Kaityが来て3年目。

そして、彼らが産まれて2年目。

a0176294_13334642.jpg


あっという間に大きくなってしまった。

Jack Familyと私達人間が同じ屋根の下で生活をしはじめたのも

a0176294_133621100.jpg


今日で2年目。

a0176294_13373495.jpg


はじめは、こんなにたくさんのワンコと生活なんて大丈夫なんだろうか・・・・

正直に言えば、ギャング共を誰にもあげず一緒に生活すると決めたときは、

私は不安だらけでした。

当然だけど、

お金もかかる。人でも足りない。そして、こんなこと言うのもなんだけど、

他の人の目もはじめは気になりました。

でも、一緒に生活し始めると、進んでいく時間は止められるわけもなく、

色々な事を考えていた事を悩む時間すらなく毎日を過ごしてきました。

彼らと一緒に生活を初めて一番変わった事は、人間家族がまとまった事だとおもいます。

あっ、別に我が家は仲が悪い家族関係ではないのですよ~(笑)

でも、さらに深まったというか・・・・・





人間とか犬とか関係なく、私達は「家族」なんだな~って

a0176294_1350141.jpg


そんな事が可能になんだな~って。

彼らは同じ言葉はしゃべらないけど、

同じ2本足じゃなくて4本足の持ち主だけど、

同じ感情を持っていて、

私がせき込むと、誰かが飛んできて私のお顔をペロペロ、

娘や息子が怪我をすると、ペロペロ、

目に見えない体の中の変化も気が付きなんとか私達を

守ろうとしてくれる事。

なんとか、私達とコミュニケーションをとろうとしてくれること、

私達もこの頃その彼れの思いが少しわかるようになりはじめました。

こんな大切な事を教えてくれた。家族思いの彼ら。

そして、無条件で新入りの

a0176294_1356655.jpg


ニーナを受け入れてくれた。

私達の大切なパートナーJack Family

a0176294_1357197.jpg


「大変だね」と言われるけれど

a0176294_143967.jpg


「最高の家族です」と胸を張って言いたい。


お誕生日おめでとう

a0176294_1441532.jpg

 
Lucy・Benjamin・Noel・Jr. 2年目のJack Family











ランキングに参加中 2年目のJack Familyにポチっと
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 親子飼いへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2012-07-09 14:06 | 出産・育児

ここまでのJack Family

1か月以上前の話です。

KaityはNinaを受け入れようとしませんでした。

それどころか、威嚇しまくり、追いつめます。

a0176294_1414713.jpg


彼女が自分の側に来るだけで場所を変えて怒ります。

1週間ほどそんな日が続きました。

この日もいつものようにKaityが威嚇してNinaをソファーの上で攻撃します。

ヒンヒンと鳴き叫びBenもNoelもオロオロでした。

人間の母もさすがにこれマズイと思いNinaをサークルへ戻そうとした時です。

突然、その攻撃の間に入った子がいました。

a0176294_1474341.jpg


Lucyでした。

この2日ほど前からKaityの攻撃を少し止めに入ろうとするのですが、その度に、

Kaityにやられ、陰で見ているという状態でした。

この時のLucyは母親Kaityにどんな気持ちで向かって行ったのだろうか・・・・・・と

今でも考えます。(犬に感情があるのならば・・・・・・私はある派なんですけど・・・・・)

KaityにやられてもやられてもKaityに飛びついていきます。

正直、今まで見た事がないくらいの母VS娘の喧嘩だったと思います。

でも、ここで私達人間が入るわけにはいかないと直感で思いました。

それは、土足で彼らの世界に入ってしまう事になるから・・・・・と直感的に多分人間の家族全員は

思たと思います。

結局、この喧嘩はKaityの負けだったんです。

この日は一人ぼっちになってしまった母親Kaity。(←あっ、Jackは違いましたけどね)

でも、その数日後こんなシーンを偶然とる事ができました。

ぜひ、カーテンの影のシーンをご覧ください。



一人ぼっちになったKaityが日向ぼっこをしているとNinaが側に寄って行くんです。

恐る恐る、躊躇しながら・・・・・・多分、また攻撃されるんじゃないかって・・・・・。

でも、この時のKaityは違いました。

母性本能が強いKaityがNinaを子供として受け入れるのは普通に人間の世界だって

そうそう簡単に受け入れやすい事ではないと思います。

でも、Kaityは考えたのだと思います。

この日を境に、

a0176294_142495.jpg


こうやってKaityはNinaを受け入れます。

Ninaのオシッコの後も自分の子供にしてあげたようにペロペロとオシリを舐めてあげます。

a0176294_14281544.jpg


まるで本当に血がつながった親子のように。

私はよく犬好きなので色々な本を読みます。

その中には動物には感情がないという本にいくつか出会います。

でも、4年前にJackが我が家に来てKaityが翌年に来て、ギャング共が産まれて

生活を共にしている限り感情はあると思います。

今、読んでいる本では感情を持たない犬とされてきましたが、本当は感受性が豊かで、また

学習能力が高い彼らは人間と生活を共にする時間が増え感情と表情が人間に似てきたと書いてあります。

我が家は彼らと4年以上一つ屋根の下で生活を共にするようになりました。

きっと私達は同じ空間を共にするにあたり自分たちのルールができたのではないかと思います。

同じ言葉は通じなくても通じる何かができてきたのではないかと思います。

話しはずれてしまいましたけど、

Kaityのこのシーンはついつい人間の父が感動して、

a0176294_14404026.jpg


酔っ払って絡んでいるオヤジのようにKaityに抱きついておりました。

酒臭くて超迷惑そうなKaityだけどね・・・・・・・・(笑)


さてさて、きっとその後のKaityとLucyの関係を心配なさっている方が読んでくださっている

方の中にはいらっしゃるかと思います。

私も心配でしたから・・・・・・。

心配ご無用でした。

以前の母と娘の関係で

a0176294_14532279.jpg


こんな風に仲良くしております。





ランキングに参加中  ワンコに乾杯!!
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 親子飼いへ
にほんブログ村


↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2012-05-09 14:56 | 出産・育児

Jack と ちび達

先程、Noelの事を考えながら去年の写真を

見ていたらこんなの出てきました。

a0176294_14232520.jpg


これはJackとBenです。

Benは今はJackよりも大きくなってしまいましたがこんな時期もありました。

この写真をみても「お父さんと息子」って感じですよね~。

次に、

a0176294_14271164.jpg


ちびっ子Lucyです。

このころから、

a0176294_14283581.jpg


いたずらっ子のようで、

a0176294_1429395.jpg


Jackのシッポが気になって思わずカプリ・・・・・・・

a0176294_14301251.jpg


でも、Jackは「ぜ~んぜん気になりませ~ん」て言っているみたいです。

「貫録が違いすぎるよ~Jack。」と思わず親バカの一言

そして、

a0176294_1434888.jpg


(この写真、以前もUPしたことありました。ごめんなさい。また使わせてね)

毎晩、子守してたね~。

不思議な子だね。

人間でもそういないよ。




ランキングに参加中  Jackにポチっと
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 親子飼いへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2011-09-27 14:41 | 出産・育児

あれから一年たちました。

a0176294_2325963.jpg

Kaityの出産が18:36からはじまりました。
破水して、頑張って記念すべき赤ちゃんを産んでくれました。
a0176294_2327131.jpg

模様もJackにそっくりで、
a0176294_23283073.jpg

家族全員で「わぁ~Jackが出てきた」と息子と娘が大興奮でした。

神様はきちんと出産を考えてくれているのですね、次の出産までに
きちんとKaityは産まれてきた赤ちゃんを舐め、胎盤を食べ、お乳をあげます。
そして、19:41
a0176294_2331985.jpg

次の仔が産まれてきてくれました。この子がLucyです。
Kaityははじめに産まれたJrにお乳をあげながらLucyを舐めてきれいにします。

20:27次に産まれてきたのは
a0176294_23335987.jpg

Benjaminです。
ここまで来ると、私達も慣れたものでガーゼで拭いたり、胎盤を処理したり
娘も手を消毒し手袋をしながらしてくれました。
そして、20:27 遂に
a0176294_23364737.jpg

Noelの誕生です。
大きくて、とても元気いっぱいです。

その後、仔犬たちの体重を計り記録し、きれいに洗ったゲージに新しいタオルを敷いて
Kaityと仔犬達だけにしました。
a0176294_23385736.jpg

教えたわけでもないのに、人間もワンコも赤ちゃんを産むとその瞬間から「お母さん」です。
Kaityは守るようにおっぱいをあげています。

この日の夜は、私達は興奮しすぎて夕食を取れたのは22:00ごろでした。
息子も興奮して、「名前を決めたい!!」と笑顔が絶えることはありませんでした。


それから、仔犬達はすくすくと育ち、

a0176294_23415348.jpg

寝る、
a0176294_23443461.jpg

飲むがお仕事。

そして、

a0176294_026246.jpg

赤ちゃんから、
a0176294_0263632.jpg

プチギャングになり、
a0176294_0271868.jpg

イタズラし放題、
a0176294_0293671.jpg

やりたい放題、
a0176294_030278.jpg

愛嬌振りまき放題、
a0176294_031733.jpg

そんな中でも、Jackを一番の長と心得ており、また、Jackもギャング共と
よく遊んでくれました。

おかげで私達人間家族とひとつ屋根の下で仲良く日々すごしています。
a0176294_0345534.jpg



お誕生日おめでとう。
a0176294_0374956.jpg


素敵なJRTになりました。





ランキングに参加中。 長々とお付き合いくださってありがとうございます。
最後にポチっと嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2011-07-09 23:23 | 出産・育児

一冊の記録

昨日、探していたものが見つかりました。
それは、
a0176294_22141152.jpg

これです。

中身は2010年4月24日~8月26日まで続いております。

a0176294_22215526.jpg


a0176294_2222597.jpg


a0176294_2221056.jpg


Kaityの妊娠から出産までの体調と、私達の一言が記してあります。
私が書くときもあれば、娘が書いたり、そして主人が書いていることもありました。
(走り書きなので、超×2字が汚いですが・・・)

a0176294_22252967.jpg


ワンちゃんが赤ちゃんができると言うのは簡単なように思われがちですが、じつは
それほど簡単ではないと私達は思っています。
女の子の適齢期もありますし、まして相性もあります。
変な書き方で私自身も嫌なのですが、
お手伝いして妊娠をさせる・・・・←表現が適切ではないですね。ごめんなさい。
でも、こういうことが必要な時もあるということです。

Kaityが妊娠期間中、もともと偏食気味だった彼女はさらに食べなくなることが多くて心配しました。
私なりに、図書館に通ったり、本を購入したり、獣医さんへ教えにもらいに夜に夫婦で
行ったり、出産までの短い間色々と頭の中に叩き込んだ記憶があります。
でも、結局のところ出産はバタバタでした。でも、2番目の仔、3番目の仔、4番目の仔と
だんだん私達家族とKaityとの二人三脚が上手く進んでいくようになりました。

a0176294_22415991.jpg


Kaityが出産するにあたって、子供達とお産用ベッド、布団を手作りし、へそのを切るハサミ、
ガーゼ、消毒液、体温計をそろえました。

でも、Kaityのお産はなかなかはじまりませんでした。
a0176294_22462092.jpg

Kaityの赤ちゃんの誕生を心待ちにしていたのは私達人間家族だけで、
当の本人はへそ天で寝ておりました。↑これ、臨月です・・・・
苦しくないのかな~と正直何度も思ってしまったんですけどね。



ランキングに参加中 よろしければポチっとお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2011-07-08 22:53 | 出産・育児

そして・・・・・・

Jackが我が家に来てから6ヶ月後、Kaityが来ました。
ほんとうは、Katyというスペルが正しいのですが、あえてiを入れました。

a0176294_21442484.jpg


主人が「Jackのお嫁さんがほしい」と言うようになり、私は冗談を言っている
と思っていたので「そうだね~そうなったらいいね~」の会話が確かに頻繁に
あったのを覚えています。
ただ、まさか本当になるとは思っておらず、じつは私がKaityを受け入れられるようになったのは
かなり時間がかかりました。

正直、不安だらけで、先住犬のJackに気を遣いすぎた事もあったり、大人しいJackに
対して彼女は活発な女の子でしたので・・・・・・・。
今、私が一番後悔しているのは、一番可愛がってあげなくてはならない時に、
彼女が1人ぼっちの時が多かったように思います。
a0176294_21514788.jpg


ただ、Jackだけは常に彼女を気にかけ、色々とお世話をしてあげていました。
a0176294_21543812.jpg

そして、KaityもJackに常にチョコチョコとくっ付いていました。
a0176294_21555683.jpg

Jackに色々と教えられ、愛されております。
なので、Kaityは他のワンちゃんがJackと遊ぶことをあまり好みません。
焼きもちですね。
ドッグランに行くと、Jackが他のワンちゃんと遊んでいると必ず訴えてきます。

a0176294_21592112.jpg

大丈夫、Kaity。JackはドッグランにいてもKaityが他のワンちゃんに追いかけられていると必ず
助けに来るでしょう?

ギャング共が産まれる前は、Jackに常にべったりのKaityでした。
a0176294_221207.jpg

たまにしつこすぎてJackから離れていくことはありましたが、それでも、めげずに、
a0176294_2233670.jpg

ひっ付き虫になっておりました。

そして、ギャング共が産まれて
a0176294_2243167.jpg

教えたわけでもないのに、
a0176294_2252083.jpg

立派なお母さんをしています。


ランキングに参加中 よろしければポチっとお願いしま~す。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2011-07-07 22:06 | 出産・育児