今年も無事に接種できました。

今日は、ノエルの5種混合ワクチンをしてきました。

一昨年のブログでノエルが8種混合ワクチンでアナフィラキシーショックを受け

その後、混合ワクチンは必要ないと当時通っていた病院の先生に言われ彼女はワクチンを一切

しておりませんでした。

でも、狂犬病ワクチンもせず、混合ワクチンをしない事に不安でいっぱいでした。

「これでいいのかな・・・・・彼女を守るものがなにもない」って。

そこで、当時通っていた病院へもう一度質問へ行く事にしました。

すると、担当の先生が栄転で移動となっていて違う先生がノエルの担当でした。

その先生曰く、「混合ワクチンでショックを受けた子のを見た事がない」という言葉を言われ、

その病院へ通う事に不安をおぼえてしまいました。

偶然、家の近くに新しい病院ができて恐る恐るワクチンの話を聞きに尋ねると、

8種混合ワクチンでのアレルギー反応は多いとの事でした。

狂犬病ワクチンのせず、何一つ彼女の体を守るすべがない事に不安だらけ、

おまけに、彼女は食べ物にもアレルギーを起こす事もわかっていたので

「なんとかしてあげないと・・・・・」という焦りでいっぱいでした。

話しは少しずれますが、

じつは、私はノエルが産まれたときなかなか彼女を受け入れられませんでした。

色が真っ白で産まれてきて、

a0176294_2356363.jpg


他の子よりも体が一回りも大きい。

パピーらしくハッチャけることも吠える事もなく、常に大人しい彼女の存在が、

なんとなく「わからない存在」というか・・・・・・・・

他の子は甘えてくるのに、いつも1人でポツンといましたし・・・・・・・

a0176294_23595725.jpg


「パピーぽくないな~」て思う事もしばしば。

a0176294_015270.jpg


でも、彼女を毎日観察していくと、「自分から進んで・・・」ではなくて、

いつも他の子の行動をみている。こちらから声をかけるとシッポをブンブンふり

手をこちらに伸ばして甘えてきます。

そう、「彼女は甘え下手」

3.11の地震の時もそうでした。

他の子はあの揺れで体で不安を表現していました。

ベンはビビリション・・・・・

でも、ノンちゃんだけはあの揺れのなかポツンとソファーに1人座っていました。

数日後、彼女は吐き続け、低体温となり病院へ・・・・・・。

当時の先生が「辛かったねノエルちゃん。とナデナデすると、先生のお顔をペロン」

なんとなく、先生に「こわかった」と言ったように見えました。

そんなノエルを一瞬でも「かわいい」と思えなかった自分が恥ずかしく思いました。

そして、守ってあげないと。

今の先生に8種混合ワクチンは住んでいる場所から言って必要でななく、

5種混合ワクチンをすることに。

ただし、ワクチンを接種する前にアレルギーを抑える注射はマスト!!で。


狂犬病ワクチンもノエルの場合はアレルギーの為に接種できないという証明書をだしていただきました。

そんなわけで、今日はノエルを連れて2度目の注射をしてきました。

やはり、彼女が注射をする時は私もドキドキします。

だって、次、アレルギーを起こすと3回目になりますから・・・・・・・・

でも、無事におわりました。

a0176294_012459.jpg


何事もなくてよかった。

帰り道、ノエルと仲良くなんとなく心も寄り添って帰ってきました。

ノエル、よかった。

益々、愛おしくなる彼女です。


ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2013-10-06 00:15 | Noel