「ほっ」と。キャンペーン

楽しいはずのドッグラン 悔しかった。

この頃、週末はギャング共を連れてドッグランへ連れていくことが多くなりました。

昨日も、早々にジャックとケイティの散歩を私が終わらせ、

4ギャング共と人間家族仲良くドッグランへ行きました。



画像が悪いですが入ってすぐに喜んで遊んでいた彼らです。

基本的に彼らは、自分たちで遊び、仲間に入れてと言ってくる他のワンちゃんとも仲良く遊びます。

すると、顔がはっきり見えないので動画としてUPしたのですが、木陰の椅子に座っていた

年配の女性が「ジャックラッセルは元気がいいからここで遊

ばせられるとウチの子がビックリして遊べなくなるから隣の大きな方へいってくれない。」


と言って来ました。


こんな事を言われたのは初めて私も旦那もそして子供たちも「!!」と怒りがこみ上げてきそうになりました。

何故かというと、去年、ここへ6ワンズを連れて来た時に、大きなワンちゃん用の場所が空いていたので

そこで遊ばせていました。すると、ボランティアで監視をしていた方が来て、

「ジャックラッセルは小型犬ですので大型犬の所で遊ばせてもらっては困ります」と注意をうけました。

確かに、看板には小型犬・大型犬とわけてエリアが決めてありますので、注意を受けたときは

「そういう決まりなら仕方がないな」と納得しその後はずっと決まりを守り、

小型犬エリアで遊ばせていました。

なので、この年配の女性に言われた時に「以前に監視員の方に注意されたこと」を伝えると、

「でも、テリアは元気が良すぎてここに来られるとみんなこ

まるでしょう。あっちの大型犬の方にうってくれないと・・・・・」


本当は、言葉は悪いのですが「おい、ババア、いいかげんにしな。さっきから見てると、自分達は、

椅子に座ってしゃべっていて自分のわんこの事全然みてないじゃないかっ!!そんなに、心配ならちゃんと見

てな。そして、そこでなにかあったら言って来なよ!!」と思ったのですが、

(あっ、すみません。ついつい野蛮な事をかいてしまいました。こんな私でもこんな

ことしょっちゅう思うんです。)

この手のタイプを真剣に相手にしてもらちが明かないと思い、隣の大きなランで遊ばせていた、

ラブちゃんの飼い主さんに事情を話し一緒に遊ばせてもらいました。

だいたい、大型犬のワンちゃんの飼い主さんはいい人おおいです~。

まっ、結果的には

a0176294_1849198.jpg


小さな、ランよりも大きなランで、

a0176294_185034.jpg


遊んだ方が、

a0176294_18505771.jpg


思う存分、

a0176294_18513075.jpg


走りまわり、

a0176294_1852176.jpg


あの、ニーナも

a0176294_1853419.jpg


一生懸命走って、


a0176294_18544813.jpg


ボールをなんとかGET出来るようにまでなったり、

a0176294_18555670.jpg


日頃の運動不足の解消に力いっぱい大地を蹴って走りまわれた、

a0176294_18573059.jpg


ノンちゃんにとっても、

a0176294_18573315.jpg


こちらの方が楽しかったはず。


そして、

a0176294_18582977.jpg


仕事を始めた私との散歩の時間でボール遊びができなくなったルーシーにとっても

a0176294_1859787.jpg


久々の私達との充実した時間はよかったと思います。

でも、ワンズにとっては結果的によくても私的には納得できず、

ついつい、このドックランを管理している区の事務所へ電話して事情を伝えました。

すると、話している間に大変な事を言ってきたこの職員の方。

私との会話で「基本的に私は犬が嫌いですから。そのような事を言われても理解はできません。」

私が、「犬がお嫌いですか。」

職員:「全くよいイメージはもってませんね。」

私:「失礼ですけど、貴方が犬が嫌いだろうが好きだろうが、今回の事に全く関係ないと思いますけど・・・」

職員:「そういうことになりますね。ただ、私には理解ができないということです。」

完全に私の怒りに火をつけてしまったこの職員の方・・・・

お名前バッチリ聞きました。

私が、「今後、このように言われたらどのように私達はすればいいのですか?大型犬エリアを使って、

小型犬なのにここは使わないで。と言われたらどうすればいいのですか。現に監視員の方に去年

小型犬エリアで遊ばせるように注意を受けていますよ。」と言うと、折り返し電話をしますとのこと・・・・・


しばらくすると、電話が鳴り、「本日、保健所主催で犬のしつけ教室があります。」

この、職員の方どうも私に「犬のしつけをしにいけ」と言っているようです。

思わず、「私に犬のしつけ教室に参加するように言っているのですね?」と伝えると、

「いえ、宣伝がてらどうかな~」と言ってきました。

正直、私は確かにドックトレナーではないですが、多頭飼いをする以上自分の犬の育て方にそれなりの

最低条件のポリシーがありました。

ランに行ったら自分の犬からは目を放さない。トラブルになりそうになったら間に入る覚悟、

そして、自分のわんこが加害&被害側になった場合まで考えてきたつもりでした。

なので、この言葉は本当に

に来ました。


ここまで来ると私も怒りで頭がいっぱいになり、なんとか感情を抑えて(多分そうとう怒っていたと思う)

「出来れば犬の事がわかる方とお話したい」と伝えて電話を切りました。

数時間後、やっぱりこの職員の方から電話があり、このドッグランの理事長(?!)と話をしたら、

犬種を聞いて大型犬のエリアで遊ばせせてもいいと言ってます。

正確には「基本的に大型犬エリアで小型犬もあそんでもいいんですよ」と言ってきました。

オイオイ、じゃあ、私達が監視員に言われたことはどうなるの?

すると、隣で聞いていた旦那が電話を代わってくれました。

こういうときって、落ち着いて会話を出来た方が断然有利。

主人が「大型犬エリアで遊んでもいいということですね。今後、もしこのような事を言われた場合、

貴方の名前と、こちらの理事の方にこのように言われた旨をいいますよ。それと、大型犬エリアで

小型犬も遊んでも良いという事をきちんと明記しないとわからないですよ。」と一言厳しく伝えました。

最後に、職員の方に「仲良く喧嘩しないでくださいね~」と一言言われたので、

「喧嘩なんかこちらは一度もしてないですよ。一方的に言われてきただけですよ。」と

言ってくれました。

そう、言い合いなんかしてません。

言われて、文句も言わず、何がいい解決方法か考えて取った行動、

相手に理解してもらえず悔しい一日でした。


そして、ジャックラッセルテリアを凶暴でバカな犬と言う方が多いこと、

悲しく辛く思います。


悲しい、悲しい、辛い、悔しい、一日でした。

a0176294_1926126.jpg


B:「お母さん、ぼくは楽しかったよ~」








ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2013-05-27 19:26 | Weblog