今朝の出来事・・・・・正しかったのか・・・・

今日は仕事を休んでいる人間の母です。

えっ?もう、嫌になったかって?

いえいえ~まだ、そんなことを思う余裕すらない毎日で~す。

今日は、毎年一回ある婦人科検診(人間の父さんの会社が配偶者も!!という素晴らしい会社)

だったため、お仕事をお休みしました。

しかし、毎年、この検診、「恐怖」を感じます。

バリュームでの胃の検査の時も「なんか私だけ長くないかい?」なんて思うことは

毎年恒例の事。

そして、恐怖の体重計・・・・・・

はぁ~  ため息・・・・・・・・減ってない、どころか今回は増えてるよ~

そうだよな~、今年に入ってご飯を食べる時間が遅くなっちゃったんだよな~。

う~ん、これを期にダイエットだ~。

ところで、話しは変わって、今朝あった事を書こうと思います。

すご~く、長いです←またかって!!そうなんです。

なので、どうぞスルーしてくださいまし~。


Jack Familyがいくつか通る散歩道にとても大きなお家があります。

敷地は広いです。でも、ちょっと古くって、個人的にはあまり手入れをされいない気がします。

この道を通る時は要注意で、敷地の周りには野良ネコちゃん用のご飯のお皿だったり、

ご飯の食べ残しだったり、散乱している事が多いです。

どうも、このお宅の方は猫ちゃんを餌付けしているようです。

小学校の給食室が向かい側にあったりして、きっと、猫ちゃんが

出入りしているだろうし・・・・・・現に、ネコのウンチやオシッコで困っている張り紙がしてあり、

内心「これは小学校や近所の人ともめてるな~」てわかるほどです。

これだけでも、「ちょっと・・・・」と思うのですが、この大きなお宅ではワンちゃんを3頭飼っています。

こちらが、道を通りかかると、凄い勢いで走ってきて威嚇します。

いや、「威嚇」という言葉は少々カワイイ表現の様な気がします。

全員、シャンプーもしてもらった事がないほど汚く、ただ、闘争心のみだけを

こちらにぶつけてくる感じで、私達が通る道をず~っと、唸りながら、吠えながら

そして飛びつこうとして網に体当たりしながら追ってきます。

3年前、偶然、旦那と一緒にジャックとケイティの散歩を夜にしていた時に出くわしたこのお宅。

いきなりの唸りと闘争心丸出しの今にも飛びついてかじる体勢でこちらに向かって来たのを今でも

覚えています。

ところで、去年のブログ記事の「モヤモヤ」(7月13日)で迷いワンコと思われる子が

土手の管理の人たちにバイクで追いかけられていた話しを覚えているでしょうか。

その後、飼い主さんが見つかっていたものと勝手に思っていた私です。

でも、じつは彼、その後もチョクチョク見るようになりました。

でも、彼のお顔はとっても賢くて、毛艶も良く、人間にも他のワンちゃんにも敵意を示して

攻撃することはありませんでした。

あれは、去年の11月頃だったとおもいます。

たまに、散歩でお見かけする人が私と主人が散歩している所へやってきて、

「この子を保護したい。保護して、飼いたいと言っている方がいます。協力してください」と

あの子のポスターを持って来ました。

それまで、彼をしばらく見ていなかった私達でしたので、「まだ、ここら辺をウロウロしてたのか~」

と言うのが正直な感想です。そして、私達夫婦が思ったのは「あの子は難しいよ。恐ろしく

頭がいい。」でした。

だけど、あの子を保護し、家族として迎え入れてくれる人がいるのであればそれは彼にとって

幸せな事だと思いました。

なので、この話しが来た時は「何か出来る事があれば・・・・」と本心から思っていました。

その後、数か月しても彼を見る事がなかったのですが、突然、1か月ほど前から朝に見かけるように

なりました。

a0176294_134897.jpg


彼、最後の見たときよりも太ってました。逆に毛艶は悪くなったかも・・・・・・

明らかに、誰かが彼にご飯をあげているのもわかりましたし、何故か男性を見ると

後ろからついて回り、その方の顔を覗き込んでは「この人ではない」という感じで

離れていきます。

この日は、ケイティとの散歩だったのですが、私達の後ろをチョコチョコとついてきた

彼です。

本来なら、すぐにでも保護したい方に連絡をとるべきだったのかもしれません。

でも、保護して飼いたいと言っている方は、あの大きなお宅だとわかってしまった以上、

「この子があの家に行って幸せになれるの?」という気持ちでいっぱいでした。

彼を久しぶりに見た数週間前に時間がなくて久しぶりにこの大きなお宅の前を散歩道として

選びました。

そこには、ネズミ捕りのように、何かが入ればガシャンと

扉が閉まる仕組みの大きな鉄の檻がご飯とお水が入ったお皿が一緒においてありました。

その横にはあの子のポスターがはってあり・・・・・・


野良猫の餌付けで近隣でのトラブル、また、自称動物愛護と言って

庭に放しているワンコ達は保護犬であること。

そして、変なウワサを耳にしました。

この、放浪犬くん、じつは帰る家があるのでは・・・・・という話し。

男性が連れて歩いているのを見た方もいたり、とある家に入っているのを見たという

方もいる・・・・・とか。

ただ、これはあくまでもウワサ。


とにかく、この放浪犬君、この日は私の後ろについて、

a0176294_13205459.jpg


何気に走ってみたりして・・・・・・

凶暴性はないようにかんじました。

その後も、彼をチョクチョク見かけては「どうすればいいのかな」と考える事がしばしば。

でも、事実としては、彼がどこかに寝泊まりするところがありご飯をもらっているであろう

と言うこと。

そして、先週から彼をほぼ毎日見るようになりました。

それは、彼を捕まえようとしてご飯だったり、オヤツをあげる人が増えたからです。

そして、決定的でした。

今朝、ドックトレーナさんを連れてきて彼は捕まりました。多分、「保護」という

言葉を使うのでしょうか・・・・・・。ただ、なんだか、私はこの「保護」という言葉を

どうしても使えなくて・・・・・・・・

きっと、これを読んでくれている方は「保護でいいんじゃない」と思うでしょう。

でも、個人的に言えば、多頭って難しいんです。

相性が合えばいいです。でも、お互いが歳をある程度取っているワンコを

いきなり同じ敷地内に入れて仲良くさせようなんて・・・・・まして、自分が

このお宅で飼っている3ワンコを見る限り、「本当にこれが彼の幸せなのか・・・・

幸せになれるのか・・・・・」と自分が犬バカだからこそ考えてしまった。

動物を飼うということ「命」であるということ。

ただ、ご飯とお水、最低限の狂犬病の予防接種だけしてあげればいいのでは

ないと個人的には思います。

たまに、出くわす保健所から里親として引き取ってあげた・・・・という飼い主さん。

「あげた・・・・・・」という言葉がいつもひっかかります。

引き取って、家族として迎え入れ、仲良く暮らしていくなら

こんなお互いにとって幸せな事はないと個人的には思います。

でも、少なくてもこの大きなお宅の子は「愛されている」のだろうかと感じる私です。


それは、数回このお宅の方とすれ違い、その時に言われた言葉が

気になったからかもしれません。

ワタシが散歩をしているところへ声をかけ

「いいわね~散歩してもらって。お利口さんね~

うちのはバカ犬ばっかりだから」


きっと、バカ犬ではないはず。

ご自身が面倒を見ているわけではないようで、ご自身で彼らに触れて、愛情を持って

接してからのセリフであってほしかった。

そんなわけで、彼を見かけてもどうしても連絡できなかった私です。

世間から見たら、「あんたバカじゃない」なんだろうけど・・・・・・・・

でも、思わず、私に保護の協力をしてほしいと言ってきた方に今朝言ってしまいました。

彼を保護してくれるというお宅はすでに3頭ワンちゃんをお飼いですが大丈夫ですか?

ちゃんと、犬の事をわかっている方ですか?噂によると、飼い主さんがいると聞きました。

そちらの確認はすんでますか?質問攻めです。

すると、その方から戻ってきた言葉は、留守電に「放して飼ってから放っておいてくれ」という

メッセージが残っていたこと、また、大きなお宅が全くの素人であること・・・・・

また、私と同じように思っている方も多々多いこと。

ますます心配になって、

「出来れば、彼一人を家族として大切に迎え入れてくれる方を探した方がいいのでは・・・・」と

言ってしまいました。

それと、「ほんとうに飼い主が居る可能性があるのであれば、まず、その人を見つけることが

優先なんじゃないかって・・・・・・・」

でも、返答は、あの大きなお宅にいけば屋根もあるから雨に濡れない、ご飯もお水ももらえるから・・・・・・・

それ以上、何も言えなかった私です。

結局、今回の事を引き起こしたのは全て人間であることだけは「事実」だなって。

なんとも、言えない気分です。

ただ、私が言えるのは、

a0176294_13545734.jpg


幸せになってほしい。

どの子も。それだけです。



なが~いお話に付き合ってくださってありがとうです。

色々な考えがあります。

今回は私が思った事をただズラズラと書いてしまいました。

気に触った方ごめんなさいです。









ランキングに参加中
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 親子飼いへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2013-04-15 14:08 | Weblog