フィラリアのおさらい

柄にもなく数年ぶりにひどい風邪をひいてしまいました。

ここ2、3年は無敵な私だったんだけどな~、

うっかり風邪をひいてしまいました。

それも、咳、鼻水、喉の痛み と同時進行・・・・・・・

いや~やっぱり、市販の薬で治そうと思わないでさっさと

病院へ行くべきだったとつくづく思いました

昨日、病院に行って吸入をしてもらい、自分に合った薬を

処方してもらったらかなり楽です。

なにしろ、パソコンを開いてブログを書く事ができるのですから・・・・。

ふ~、ひどくなる前に行くべきだった。大反省な人間の母です。

ところで、病院の話で前々から書こうと思っていた事を今日は書こうと思います。

みなさん「フィラリアってどこまで知ってます?毎月飲んでいるクスリって

なんの効能があるか知っていますか?」

恥ずかしながらこの人間の母は詳しくは知りませんでした。

蚊によって運ばれてくるフィラリアという寄生虫から身体を守るクスリ

とだけ認識していました。

あっ、この人間の母の答えは多分当たっていると思います。

でも、もっとディープに掘り下げて行くとこういうことらしいデス。

じつは、先週、フィラリアの薬をもらいにかかりつけの病院に行きました。

そこで、他のワンちゃんにフィラリアの説明を先生がしているのを耳をダンボにして

聞きいってしまいました。

a0176294_1424351.jpg



「お母さん、そういうのを盗み聞きというのですよ。」

まあ、盗み聞きは置いておいて、

まず、このフィラリアと言う寄生虫はそうめんの様な寄生虫で長さは長くて30cmくらいまで

成長するそうです。

主に、心臓や肺動脈に寄生するんだそうです。

なので、血液の循環が上手くいかなくなって息があらくなったり、肝臓や腎臓にも大きな影響をあたえるのだ
そうです。

別名、「犬糸状虫」と呼ばれるくらいなので

ワンコを好んで寄生するんだそうです。あっ、ネコやフェレットもあるそうなので要チェックですね。

フィラリアにかかる順番としては、

①、もともと、フィラリアを持っているワンコの血を蚊が吸う。

②、蚊の体内で感染力UP。

③、感染力UPしたフィラリア幼虫を持った蚊が他の犬を刺す。

④、感染力UPしたフィラリアの寄生虫の幼虫が体内に入り込む。

⑤、幼虫が成虫になり心臓や肺動脈に達する。


と、いう流れのようです。



ただし、この幼虫が血管に入って心臓の向かって行くのには

約1か月から3カ月の期間があるんだそうです。

彼らはこの間に皮下や筋肉の中で成長するんだそうです。

心臓や肺動脈で成長したフィラリアは新たに幼虫を産み蚊にさされて運ばれて

次のワンちゃんを待つわけですね。

先生、リアルすぎる説明ありがとうございます。

盗み聞きですが十分怖かったです・・・・・・。




さて、じゃあ、どうやってこのフィラリアから身を守るかっていうと、

多分、みなさんが毎月飲ませている薬を飲ませる事によって100%

駆除できるのだそうです。

ちなみに、私の恐ろしい勘違いでビビったのですが、このおクスリ、飲んだ日にしか

効果ないんだそうです。

てっきり、1ヶ月間はノミダニの薬のように効果があるのか~なんアホみたいなこと

思っていたのですが、飲んだ日に体内にいるフィラリアの寄生虫をやつけるんだそうです。

なので、当然、次の日に刺されればワンコの体の中にはフィラリアの寄生虫がいるわけですね。

簡単に言ってしまえば、5月から12月までの間は

自分のわんこの体内にのフィラリア寄生虫を持っていると思った方がいいわけで、

毎月 感染⇔駆虫

の繰り返しをしているわけです。

蚊に刺されないワンコなんて当然いるわけないですし、100パーセント自分のワンコは

今フィラリアの寄生虫を持っているという事になるのだけど考えるとかなり恐ろしすぎます。

よく、外に出さないから大丈夫と言う飼い主さんがいるのですが、フィラリア予防をせず

蚊のいるシーズンを3回越したワンコは、高い確率でフィラリアに感染しているという統計があるそうです。

なので、「うちの子大丈夫」ではなく「うちの子がならないために」フィラリア駆除を毎月してあげるのが

私達飼い主のせめてもの役目ですね。

ちなみに、もしフィラリアになった場合は色々な治療方法があるらしいです。

最悪は手術なのだそうですが、動いているフィラリアを採るのは相当大変なんじゃなかな~

って個人的に思ってしまいました。

ちなみに、今、毎月の予防薬には錠剤、チュアブルタイプ、投薬とあるのですが、

注射もあるらしいです。でも、ウチがお世話になっている獣医さんいわく


「死亡例が多いためにお勧めできません」

との事でした。こ、こ、怖すぎる。

急に寒くなってきたので「そろそろ大丈夫かな~」なんて思わずに

残り2カ月バッチリ薬を飲ませようと

心に誓った人間の母でした。

a0176294_14143613.jpg




「そこんとこ、よろしくお願いします。お母さん」




ランキングに参加中 フィラリアの予防賛成のポチっと
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 親子飼いへ
にほんブログ村


↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2012-10-23 14:21 | Weblog