予防注射やめてみようと思います。

3月もあと数日残して4月がいよいよ来ますね~。

色々な意味でのスタートの月ですよね~。

ワンコにとっては、狂犬病予防注射、フィラリア、ノミダニのクスリ、色々お金のかかる時期ですよね~。

あ~あ、Jack Familyにも子供手当のようにワンコ手当が欲しいですぅぅぅ・・・・・・

ところで、狂犬病予防注射以外に毎年混合ワクチンを接種しているワンちゃんが多いと思います。

我が家、今年は見送ろうと思います。

じつは、去年の10月でギャング共は8種混合ワクチンの注射の期限が切れています。

でも、Noelが初めてアレルギー反応がでて大変だったのもあって人間の飼い主側は本当に

「ワクチン恐怖症」でした。

ワンちゃんがアレルギー反応を起した事がある飼い主さんはお解りかと思うのですが、ほんとに、

顔中、身体じゅうはれ上がるんです。痒がって家中走り回り、体を壁に体当たりしてなんとか痒みを取ろうと

するんです。鼻が短いワンちゃんは即死が多いと聞きます。

そんな事もあって、怖くてできませんでした。

ジャックファミリーのかかっている病院の獣医さんはワクチンを進める先生と、進めない先生がいます。

じつは、年末にケイティーが膀胱炎になった際に思い切って先生に聞いてみました。

「今年、まだ8種混合ワクチンしていません。どうしても、Noelにアレルギーを抑えるステロイド剤注射を打手

からの8種混合ワクチンをしなくてはいけませんか?」って。

そしたら先生が笑いながら「あ~3年間は打たなくていいですよぉぉぉ~」

「アメリカでは3年に1回ですから~わざわざ身体に負担がかかる事はしない方がいいですよ~。」


確かに、ワクチンが何年間効果があるかなんて獣医さんに聞いた事はなかったかも・・・・・

で、色々調べました。

そして聞きました。

近くに住んでいる6頭ダックスをショーに出している方に。

そしたら、やはり「2~3年はしなくても大丈夫よ~普通の家庭で飼っているなら。ウチのようにショーに

だしているなら色々なところに行くからした方がいいわよ~。ちなみに、ウチもアレルギーの子はしてないわ

~」


なるほど・・・・・・・

では、アメリカでは。

私がとっても大好きなブログの「わんことおいしい日記」のラブちゃんのチョーティーちゃん

ベリーちゃんのママに。(すごく素敵な写真と、素敵なラブちゃんとのアメリカンライフのブログです。)

3年有効期限のワクチンが支流みたいです。
(ワクチンの有効期間が色々あるようです)

で、ちょっと考えさせられる記事をネットで見つけました。

とある獣医さんが書いたものです。

日本人はワクチンを接種すれば病気にかからないと思いがちになる人種である。

インフルエンザにしても確かにそうかも・・・・・・・・・

「ワクチンを接種したのにインフルエンザにかかっちゃった。損をした」と言う人もいたような・・・・・

それは、私なんですけど。ワクチンしてもインフルエンザになりましたから~。(苦笑)

その、獣医さんによるとワクチンの接種の数が多くなればなるほど副作用が出る可能性が大きくなる事。

そして、住んでいる地域によってワクチン種類を選んで極力負担を少なくすることがベスト。

そして、頭の中に「ワクチンをしたらその病気にかからないと思わない事」を入れておくことだそうです。

なるほど・・・・・・・・

で、悩んだ結果、Jack Family 全員8種混合は去年接種しております。(当然狂犬病も)

今年は、体への負担も考えて狂犬病の接種だけにしようと決めました。





できる限り、体の負担を軽くする為に・・・・・・


a0176294_14264414.jpg



まるで、一台の車に乗ってどこへでも一緒に行こう!!て言っている写真でしょ。




ランキングに参加中  ワクチンについて考えさせられた母でした。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 親子飼いへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2012-03-29 14:35 | Weblog