忘れてはいけない

おはよう、Jack。

a0176294_6331685.jpg


今日はね、多くの人にとって決して忘れてはいけない日なんだよ。

今日を迎えるにあたって色々と考えてしまった私です。

あの地震から今日で1年。正直に言えば、まるで昨日の事のように

今も感じます。

あの日、ブログを更新し、娘の学校へ卒対委員だった私は学校へ打ち合わせの為に

立ち上がった瞬間に揺れが来たのを覚えています。地震が来た瞬間、ストーブを

消し、すぐ終わると勝手に思っていた揺れの様子を見る事にしたのに揺れはおさまるどころか、

大きくユックリ、そして長く・・・・・・・・。この間、5秒ぐらいだったと思います。

娘に机の下に隠れる事を指示し、外で遊んでいる息子を迎えにはだしで出たのを覚えています。

家に戻り、自分も一緒に大きなリビングの机の下にもぐりました。

不謹慎にも、買ったばかりの家はどうなっちゃうの?とか、どうやって5ワンズを連れて逃げる?

外が安全なのか・・・・・・揺れている間色々な事を考えます。

でも、こういうときってJack & Kaity は落ち着いていました。

私の指示通り机の下で待っていた彼ら、突然、Benが興奮して出ていくと、Kaityが

一緒に飛び出し戻るように誘導します。Jackは他の子と息子と一緒に・・・・・・

一番、ドキドキしていたのは私でした。 反省。

一旦揺れがおさまり机の外に・・・・・・そのとたんに、娘が大きなリュックを自分の部屋から持ち出し、

ありったけのJack達のご飯をリュックに詰め始めたのを覚えています。

「ずっと、一緒だから。」ぶつぶつ言いながら・・・・・・・

恥ずかしながら、我が家、子供の方が行動が早くて・・・・・・・

そして、震源地がどこなのかTVで調べることなく避難準備だけバタバタとしていたら、

仲良くしている隣の奥さんに「ご実家大丈夫?」

「ウチが大丈夫?」って・・・・・・・・・・

急いでTVをつけて変な緊張と汗が体から出て来たのを覚えています。

当然ですけど、私達の実家とは連絡が取れず・・・・・・・

この日はみなさんも同じように、子供たちもご飯が喉を通らず、

TVで大変な事になっている映像をみながら「これからどうなっちゃうの」という

不安と余震で一睡もとることはできませんでした。

翌日から、多くの方が亡くなった事実をしらされ、

そして、福島の原発事故・・・・・・

今も続く大きな余震・・・・・・・・

今日まで一日たりとも忘れた事はなかったです。

でも、今日あらためて思ったのですが、

「忘れてはいけない」事なんじゃないかって。

苦しい事、悲しいことからなるべく目をそらし、忘れてしまいたい

でも、忘れたら亡くなってしまった方を忘れてしまう事になるんじゃないかって。

絶対に生きていたかったはず。その方々の分まで生きている私達は

生きなくてはならないと思っています。

そして、一日でも早く被災している方々の生活と

地域の復興を願わずにはいられません。

そして微力ながらも応援をしていきたいと思います。

a0176294_714374.jpg


Jack Family もね。


朝から長文でごめんなさい。


ランキングに参加中  
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 親子飼いへ
にほんブログ村
↑ご協力ありがと~う↑
[PR]

by 09020503 | 2012-03-11 07:15 | Weblog